無線LANの通信速度をアップ!DIZA100 WIFI 無線LAN子機レビュー

なんだか、無線LANが重たい気がするなーと悩んでいる方へ朗報

これなんだかわかりますか?無線LANのレシーバー(子機)です。僕は、Let’s Note(レッツノート) CF-SX4を仕事で使っているのですが、何だかインターネットの通信速度が遅い気がしていました。インターネットで検索をして調べてみても、機種自体に問題があるという話は見つからなかったのですが、何となく無線LANのレシーバーの部分に問題がある気がしていました。

1年ほど使い始めてから感じたことが次のような不具合です。

  • 長時間パソコンを使い続けているとブラウザの動きが鈍くなる(でも、メモリーは12GB積んでいるので余裕はある)
  • 無線LANで電波は拾うが、制限付きなんとかと出たり、トラブルシューティングの画面が良く出るようになった

こんな状態だったので、無線LANのハードウェア自体が劣化して壊れてきているのではないか?と思うようになったのです。

そこで、USBの無線LANのレシーバー(子機)を試してみることにしたのです。Amazonで調べてみると色々ありますし、値段も安い物からそこそこのものもあります。検討した結果選んだのがこちら。

で、届いた現品がこちら。

箱は簡素。ちょっと不安になりますが、早速セットして試してみます。僕のLet’s Note(レッツノート) CF-SX4では自動でドライバーはインストールされませんでした。そのため、付属のCDをセットし、ドライバーをインストール。無事、認識されるようになりました。

早速Googleのインターネット速度テストのサイトで試してみた結果です。

Let’s Note(レッツノート) CF-SX4の無線LANでの速度

購入したDIZA100 WIFI 無線LAN子機での速度

驚きました。レシーバー(子機)で試した方が、30%ほど下り速度が速くなるという結果になりました。うちの家は、Wimaxを窓際に置き、部屋の真ん中あたりでパソコンを使っているのですが、どうやら電波の受信感度があまりよくなかったようです。

購入した、DIZA100 WIFI 無線LAN子機はアンテナ付きなので、受信感度を調整することができます。しっかり電波をキャッチできるようになったことで通信速度が上がったようでした。

ちなみに、会社でも試してみましたが、こちらは部屋の真ん中ではほぼ通信速度に違いは出ず。部屋の端や別部屋に移動すると、DIZA100 WIFI 無線LAN子機を使った方が受信感度が上がり、通信速度は上がるという結果になりました。

少しでも通信速度を上げて、快適にネットサーフィンをしたい人にはお勧めのアイテムです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。